西島秀俊 潜入捜査官

NHKの朝ドラ『おかえりモネ』に「気象予報士」として出演してる西島秀俊に対して、「潜入捜査官の印象がぬぐえない」という博多大吉のツッコミが盛り上がってます。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/05/19/kiji/20210519s00041000226000c.html
このURL(ネットニュース)の抜粋がコチラ

女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は19日、第3話が放送され、気象キャスター役を演じる俳優の西島秀俊(50)が“潜入捜査官説”を否定したことが直後の同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の“朝ドラ受け”で明らかになった。
朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

西島が演じるのは、人気気象キャスター・朝岡覚役。前日18日に放送された第2話で初めてテレビの中から飛び出し、突如、登米を訪問。百音(清原)は早くも“運命の出会い”を果たした。

直後「あさイチ」の“朝ドラ受け”。博多大吉(50)は「西島さんが気象予報士というのは、まだ受け止められていません。映るたびに『ウソだ』と。『潜入捜査中かしら?』と。徐々に慣れていきたいと思います」、博多華丸(51)も「屈強なイメージがありますから」と笑いを誘った。SNS上にも同感の視聴者が続出。西島が警視庁公安部の倉木警部を演じたTBS「MOZU」になぞらえ、ハッシュタグ「#おかえりMOZU」も出現した。

一夜明けたこの日、大吉が「あれらしいですね。西島さんから連絡が来たらしいですね」と相方に水を向けると、華丸は「共通の知人を介して連絡が来まして…」「僕は潜入捜査官じゃないよ」(大吉)と明かし、スタジオに爆笑が巻き起こった。華丸は「でも、それを言うってことは、ますます潜入捜査官」と続け、笑いを増幅した。

  ↑

※ 博多大吉の「誰も傷つけないツッコミ」には感心します(^ω^)

 

確かにそう言われると、うなずいてしまいます・・・

「いつも臨戦態勢」という印象が強いですから(笑

 

MOZU

 

ダブルフェイス

 

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

 

サイレント・トーキョー

 

奥様は、取り扱い注意

 

空母いぶき

 

以上の作品が視聴できる動画配信サービスは次のとおりです。

サービス名 / 作品名 MOZU ダブルフェイス CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 サイレント・トーキョー 奥様は、取り扱い注意 空母いぶき
WOWOW × × × ×
U-NEXT ×
dTV × ×
楽天TV ×
amazon prime video × × ×
hulu ×
Paravi × ×
クランクイン!ビデオ × ×
FODプレミアム × × ×
NETFLIX × × ×

(〇が視聴可 / 2021年5月19日現在)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。