サーホー インド映画

インド映画といえば盛りだくさんな要素を詰め込んでいることが往々にしてありますが、この映画『サーホー』はまさにその典型

SAAHO/サーホー (字幕版)

複数の犯罪組織が牛耳る大都会ワージーである日、組織の頂点に立つロイが交通事故を装い殺される。組織の構成員で有力者のデウラージが後釜を狙うが、ロイの息子も新しいボスに立候補する。そんな折、ムンバイで200億ルピーの窃盗事件が起こり、潜入捜査官のアショーク(プラバース)が捜査を始める。

「アメコミヒーロー」か?と思うようなシーンがあれば

 

マッドマックス感があるシーンもあるし、

 

ミッションインポッシブルで観たようなシーンもあるし、

 

インド映画といえば外せないダンスシーンもあるし

 

アベンジャーズで見たような街並みが爆破されるシーンもあるし

 

ストーリーも二転三転して、ある意味「壮大過ぎる」大作です。

覇権争い、捜査、争奪戦、裏切り、どんでん返し、そして主役アショークの意外な正体・・・・

 

途中混乱することがあっても、是非ついて行ってください。

後半から構図がわかってきます。

 

あと、インド映画なので尺は長いですが(169分)、カメラワークは見事だし抜群なスローモーションの使い方は素晴らしい作品です。

 

映画好きなら観て損はないと思います。
(いろんな映画を連想できるので)

 

SAAHO/サーホー (字幕版)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。